2007年09月26日

超絶ギター&カホン

すごいインスト・ユニット(バンド)が和歌山にいるんです。

超絶技巧のギター&カホンは一聴一見の価値あり!

テクニックだけではなく、曲もメロディアスでいいです。

スゴ腕を、ぜひライブで (和歌山Lover Soulでレギュラーライブあります)


和歌山で活動中のアコースティックインストユニット
W-BLADE公式ブログ


同じカテゴリー(バンド紹介)の記事画像
THE POWER STONES
姫大-HIMETA
小椋誠也!!
同じカテゴリー(バンド紹介)の記事
 THE POWER STONES (2007-10-15 00:05)
 姫大-HIMETA (2007-10-03 23:06)
 小椋誠也!! (2007-10-01 23:23)

この記事へのコメント
更新ありませんね?忙しいんですか? 前に和歌山のレベルが低い等の話をしましたね もっと言うと日本のレベルも低いです これはいつ感じたか?というと 就職で大阪に出た時 諦めたはずでしたが バンドが忘れられず 携わっていたいというと願望があった時に ある連中と知り合いました 不法侵入の外国人バンドマン達です 志し といっても金儲けに日本に来た連中ですが 仕事場もなく ビザも切れ 住む所すらままならぬ時に 私の名義で部屋を借りかくまってやった次第です 音楽は世界共通といいますが いい奴らで 技術も確かでした 音楽の話?で盛り上がり?というか いつでも誰かが 歌い始める、楽器を弾きはじめると セッションが始まりました 前置きが長くなりましたね  そいつらは 当時(約25年前)日本で流行っていた 洋楽バンドの楽曲のコピーがほとんどできるのです しかも リードギターほパートなんか 本曲のアドリブより難しいテクニックをいれた アドリブのアドリブでした まさにスーパーE難度でした その時彼等に聞いたのです 「なぜそんなに上手い?」って そしたら 「これさ!」といって出してきたのが 当時の有名ミュージシャンの代表曲のカラオケテープ しかも リードギター、ベース、ドラム用とパートまで分かれてあるのです 今でこそ 若干のパート抜きカラオケみたいのが出てますが 20数年前に そんなのを持ってました 日本では著作権上無理だったのかもしれませんが その時そいつらは一人でも 練習できたんですよ バンドってメンバーが揃わないと練習できないじゃないですか!その時代に そいつらの国では そんなカラオケテープが出回ってんのやから やっぱり 前に言った 『底辺』が違うのですね! 超長くなって申し訳ないです!スミマセン。
Posted by トライアングル at 2007年09月28日 19:44
トライアングルさん

おもしろい話ですね。確かに海外と日本では、いろんな部分で遅れをとっていますよね
まぁ音響の世界だって、まだまアメリカとイギリスを追ってますからね。
またコアな話し聞かせてください。

更新遅くなってます。レコ終わった翌日から、旅に出てまして、連日早朝から移動、着いたら夜まで仕事、そこから打ち上げという不健康な毎日を過ごしてます。

また、時間見つけ次第、更新したいと思いますので、長い目で見てやってくださ~い。

もうひとつのブログには、旅の日記も書こうと思いますので、よかったらご覧下さい。
Posted by はっしー at 2007年09月29日 00:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。