2007年09月26日

徹夜



昨日の昼から「Mars Fallen・マルスフォーレン」というバンドのミックスダウン(各パートごとに録音した音を調整したり、バランスを取ったりして2chステレオにする作業)をしています。
やりはじめると、細かい調整や聞きなおしで、すごく時間がかかる作業です。
今日も昨日から徹夜して今もまだやっているところです。

最近は、プロのレコーディングスタジオでなくてもパソコンで高音質な録音が出来るので、手軽にいろいろ試すことができ、音楽作りしやすい環境になりました。

録音は、リハーサルスタジオで行ったのですが、ミックスダウンは、メンバーと楽しくわいわいしながら自宅で行ってます。
録音風景は、もうひとつのブログで紹介していますのでよかったらご覧下さい。
http://tspec.ikora.tv/d2007-09-25.html


ギターのようすけは、自分でもMTRを使って録音したりしてるので、プロツールスの使い方もすぐわかったようで、好みの音を探してます!

ライブと違って、根気のいる作業ですが、1つの作品を作り上げるという音楽作りの楽しみでもあります。

Mars Fallenの曲は、新しいんだけど、何故か懐かしい感じがします。
メンバーはみんな19歳~20歳と若いんですが(笑)

CD完成したら勢力的に頑張っていきますとのことなので、応援してあげてくださ~い。

Mars Fallen・マルスフォーレン ホームページ
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=Mars_Fallen



Posted by はっしー at 13:06│Comments(2)
この記事へのコメント
ちょっと コアな話です 従妹の旦那が 大手レコード会社の新人発掘部 バンド担当(マジでこんな部署あるんですよ) 全国のライブハウスまわり 有能なバンドがいればデビューさせる という… 興味のある仕事なので 会うたび あれこれ聞くのです 「新人発掘って いったいどこを見るの?」と聞いたんです そしたら即答 『バラードの後の頭の下げ方』なんですと ??? なんか わかるようで、理解できないコメントでした ライブハウスまわりしてる はっしーサンなら このフィーリングわかります?
Posted by トライアングル at 2007年09月26日 18:43
トライアングルさん
おもしろいお話です。
私も仕事柄、何人・何グループもデビューした人を見てきましたが、このバンドは売れる!っと思ってもダメだったり、絶対無理!!と思っていても全国区にいったりと、私にはさっぱりわかりません(笑)

でもひとつ思うのは、単に上手い下手ではなくて、人との接し方(お客さんとも)や真剣な思い、伝え方ではないでしょうか?
特に仕事でする場合、感謝の気持ちとさらに表現がきっちり出来なくてはいけないと思いますし。
それがあれば後はなんとでもなるということでしょうか!?

『バラードの後の頭の下げ方』でそこを見てるような??
答えまた教えてくださいね(笑)

楽しいコメントありがとうございます。
Posted by はっしー at 2007年09月26日 19:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。